東京モーターショー2017・鍵開けデータ収集視察第7弾はLEXUS特集です。

ご依頼やご相談はこちらへ。
0120-0955-24


レクサスの鍵穴は以前は内溝4トラックキーが多く使われていましたが現行車種では薄型の内溝片面2トラックシリンダーが主流となっており、内部構造はトヨタの10カットM382シリンダーと同じ仕組みでピン形状が内溝かギザギザか、の違いです。

ピッキング解錠も特に難しいカギではないものの、高年式車では開錠工具を使用しづらい位置や向きのドアノブが多く、対応しきれない鍵屋さん・ロードサービス業者はまだまだ数多くいるようです。

車内インロックの防止機能も年々向上しているなかでも、今後も予測不能で突然発生するであろうトラブル時のエマージェンシー対応を各メーカー担当者様のご協力の元、データとして収集することが出来ました。

新型形状のモデルでも、現段階でのレクサス販売車種に於いてはすべて無傷での鍵開け対応が可能です。

以下、各車種の参考データです。



レクサス LC500
LEXUS LC500現行モデル 東京モーターショー
既に販売されているモデルで、現行車種です。
ニッサンR35(GT-R)のようなアウタードアハンドルで、鍵穴はこの奥に隠れています。
レクサスLC500 ドアノブ内部キーシリンダー
開錠作業が非常にやり辛い位置ですが、ドアロックは技術力勝負のピッキング開錠で問題なく開けられます。



ハイブリッド車のLS500h
LEXUS新型LS500h 東京モーターショー
こちらは新形状のドアノブハンドルで、鍵穴はノブの裏側に隠されています。
LEXUS新型LS500h アウタードアハンドル
ドアを開ける時の要領で手前に引けば、内側に隠れたキーシリンダーへアプローチ可能となり、現段階ではカギ開け難易度が高い部類に入ります。
レクサス新型LS500h アウタードアハンドル
下向きにあるこの小さな穴は鍵穴ではありません。



ランドクルーザーZXよりも更に大型のフルサイズSUV、LX570
LEXUS LX570 東京モーターショー
こちらは今まで通りの内溝キー・露出シリンダーで、キー閉じ込みの際のピッキング解錠に難しいことはありません。
レクサスLX570 アウタードアハンドルノブ
『トヨタの内溝キーはピッキングをすると壊れるからカギ穴から開けられない』と説明する大手カギ屋さんに遭遇したことがありますが、内溝キー・昔のM382割れピンシリンダー共に弊社では確実にピッキング解錠でカギを開けれますし、ピンの噛み込みなどでカギ穴が固着してしまう現象も内部構造を把握しているため対応も完璧で不具合や故障も一切ありません。

つまり、鍵穴から開けられないと説明するロードサービス業者やカギ屋さんは、ピッキングをすると鍵穴が壊れるのではなく、対応する技術が無いからこじ開けやガラスの隙間からの差し金開錠しか出来ないというのが正解です。



ハイブリッドセダン GS450h
LEXUSハイブリッドセダンGS450h 東京モーターショー
こちらも露出した鍵穴のアウターハンドルドアノブで、特殊ロックの中ではカギ開け難易度は高くありません。
レクサスGS450ハイブリッド キーシリンダー
内溝キーですので丁寧に作業すれば鍵は開きますが、経験の浅い業者などが無理にガリガリとやってしまうと当然ながら傷や故障につながります。



コンパクトSUV NX300
レクサスNX300 東京モーターショー
現在主流のドアノブ形状で、アウターハンドルの内側にカギ穴があります。
LEXUS NX300 ドアノブ隠しカギ穴
ノブを引ける角度がそれぞれの車によって少し異なり、弊社のピッキング解錠では問題なく対応可能ですが、レクサス専用の解錠工具などに頼ってしまう業者が技術不足でカギを開けられずに、助っ人ヘルプ作業でバトンタッチに駆けつけたこともありました。



RC350  Radical Coupe
LEXUS RC350 東京モーターショー
こちらも上記NXと同じ流線形状のドアノブで、隠しカギ穴は横向きの内溝2トラックシリンダーです。
レクサスRC350 アウタードアハンドル
もちろん無傷でインロック開錠が可能です。



レクサスはドアノブ形状も多く、鍵の構造と知識だけでなく、新型車やマイナーチェンジなどで新しいカギへと変更になった際は、鍵開け方法もマニュアル通りでは通用しないことも今後出てくるかもしれません。
TOYOTAレクサス エマージェンシー窓口ロゴFD (3)
アットレスキュー24では、安易な専用工具頼りではなく、圧倒的な技術力と数多くの開錠実績を生かして状況に応じた確実な対応が可能ですので、過去には発売直後の開錠作業データが無い新型モデルでも無傷でインキー開錠の経験があります。


年々難しくなるカギの作業も、常に最新鋭の技術と情報で完全対応のアットレスキュー24ですので、お困りの際はお任せください。

ロードサービスのご依頼やご相談のお電話は、携帯スマホや公衆電話からもつながる、0120-0955-24(フリーダイヤル・レスキューGOGO!・24時)までお願いします。

24時間365日年中無休の安心対応、VISA・JCB・MasterCard・アメックス・楽天Card他、各種クレジットカードもご利用いただけます。
アットレスキュー24 0120-0955-24