千葉県富里市美沢の車両倉庫にて、ASTON MARTINの新型モデル・2024年式DB12のバッテリーがあがってしまったようでリモコンキーが作動せずドアロックを開けられないとのSOSで、鍵開けレスキュー緊急出張駆けつけです。

ご依頼やご相談はこちらへ。
0120-0955-24


アストンマーチンDBシリーズの最新モデルで、日本国内での走行台数はまだまだ少ないですね。
アストンマーチンDB12バッテリー上がり
今回の車両はデモカーとして各地へ出向いているそうで、リモコンキー自体は手元にありますが金属製のエマージェンシキーはどこにあるのかわからないうえにトランクもボンネットも開けられないのでジャンピングも出来なかったそうです。

バッテリー上がりなど放電状態のアストンマーチンDB12のドアロックを開ける方法は、左ドアのノブ裏にある鍵穴からのピッキング開錠となり、DBXと同じですね。

キーシリンダーのピッキング開錠で丁寧にドアロックを開錠します。
アストンマーティンDB12鍵穴ピッキング開錠
キーシリンダーは特殊な仕様となっており、開けるには技術だけでなく内部構造の知識も不可欠です。

ドアが開けばボンネットも開きますので、端子からバッテリー電圧を確認します。
ASTON MARTIN新型DB12
バッテリー上がりだと思っていたのですが電圧には何の問題も無く、試しにエンジンを始動してみると一発でスタートです。

更にリモコンキーのロック・アンロックボタンんも全く問題なく作動し、作業前にリモコンキーが全く反応しなかった不具合症状は確認出来なくなっていました。
アストンマーティンDB12車両後方
色々と確認してみましたが最初にリモコンキーが反応しなかった原因は結局わからず、金属キーも車内からは発見できずでしたが、依頼者様は
『デモカーとかのあるあるなんですよ、細かな仕様とかが販売車両と違っていたりして、過去にはエンジンスタートボタンが後付けの簡易的なスイッチだったこともありますよ』と、金属キーが見つからないこともリモコン電子キーの操作不良も、本国貸与のデモカーには当たり前と言わんばかりの様子でした。
アストンマーティンDB12
万が一今後同じ症状が出た時に備えて、助手席ドアの窓は全開にしてボンネットも閉め切らない状態で作業終了とさせていただきました。

ASTON MARTINのキートラブルで多いのは、今回のようなリモコンキーで開けられない状況、主にバッテリーあがり車両の鍵開け案件が多く、次いで車内へのキー閉じ込みインロックです。

アットレスキュー24ではアストンマーティンの特殊キーシリンダーも全て無傷でカギ開け可能で、ヴァンキッシュのような鍵穴位置が隠されたモデルもありますので、他のカギ屋さんで対応出来ないケースでは遠方への出張対応も数多くの実績があります。
ASTON MARTIN
アットレスキュー24はアストンマーチン現行モデルも含めてどのような状況でも確実にカギを開けるカギ屋として多くの販売店様や正規ディーラー様にご周知いただいておりますので、万が一のキートラブルの際はスピード対応でサポートしますので、お任せください。

迅速対応受けつけ窓口へは、携帯・スマホ・PHSからでも通話料無料でおかけいただける、フリーダイヤル・レスキューGOGO!24時(0120-0955-24)までお電話ください。

千葉県富里市での鍵開け対応実績は他にも数多くありますのでご覧ください。



難案件や遠方出張も多数対応、アットレスキュー24公式ホームページも合わせてご覧ください。

アットレスキュー24