東京都東大和市南街の店舗駐車場にて、Cadillacフルサイズセダン・1992年式FreetWoodブロアムのトランクロックをインキー状態で閉めてしまったとのSOSで、カギ開けレスキュー緊急出張駆けつけです。

ご依頼やご相談はこちらへ。
0120-0955-24

依頼者様は運転前にトランク内を点検していたところ、誤ってキャデラック・ビッグブロアムのキーをトランク内側に置いたままバタンと閉めてしまったそうで、運転席ドアは開いているけどトランクは開けられないとのことでした。
キャデラック1992フリートウッドBigブロアム鍵の閉じ込みレスキュー
キャデラックの1990年代後半のブロアムはドアのキーシリンダーがGM6カットサイドバー構造という特殊なタイプで、カギ穴からのピッキング解錠が困難なことから専用の開錠道具を使用してロックを開けます。
トランクインロックGMキャデラック1992ブロアム
画像ではわかりづらいのですが、現場到着時から感じていた車両に対する『もしかしたらこの車は・・・』という違和感が、この後明らかになります。

5分ほどでトランクのロックをカギ穴から解除、トランクを開けて驚きました。
キャデラックブロアム トランク開錠
車両(依頼者様)が特定されてしまいそうなほど特徴的な、4ポンプ12バッテリー(4P12B)ハイドロ仕様、ローライダーのカスタム車両で、ハイドロ車両特有の車高と傾斜はこの装備のためですね。
ビッグブロアム4P12Bトランクインロック鍵開けレスキュー
画像掲載の許可をいただいているので、公開させていただきました。

アメ車の後方トランクは本来は貴重品入れという位置づけにあるようで、盗難に対しても車内は窓ガラスを割れば侵入出来るのに対し、トランクは車内のオープナースイッチが無効になり車内からはアクセスも不可能、キーが無いと開けられない仕組みに作られています。
キャデラックブロアム後方トランク非常用カギ穴
鍵の差し込み口がシリンダーの中央から少し右上にズレているのはサイドバーシリンダーならではで、カギ穴内部をスコープで覗かなくても通常のディスクシリンダーではないことは明白です。

キャデラック・フリートウッドはほとんどがサイドバーシリンダーを採用していますが、アットレスキュー24ではキャデラックGM6カット専用の解除道具を複数所有しており、車両に合わせた道具の使用により鍵穴からの無傷開錠を可能にしています。
キャデラックGMエマージェンシー窓口
フリートウッド・ビッグブロアムのトランクインロック鍵開けはもちろん、車内のインロック開錠作業やエンジンキー・ドアキー別のお車のそれぞれのキーをその場で作製するなど、キャデラックのキートラブルには幅広く対応しています。

東京都東大和市への出張駆けつけのご依頼や到着時間のお問い合わせなどは、携帯・スマホ・PHSからでも通話料無料でおかけいただける、フリーダイヤル・レスキューGOGO!24時(0120-0955-24)までお電話ください。

なお、お支払いにはVISA・JCB・MasterCard・アメックス・楽天Card他、各種クレジットカードもご利用いただけます。
アットレスキュー24 0120-0955-24